立体アート専攻とは

さまざまな素材と出会い、感性を磨きながら、自由な発想をする

立体アート専攻では、芸術の本質を見据え、彫刻という枠と従来の素材・様式などに捉われない独創的な造形表現を追求できるカリキュラムを編成し、立体造形に関する専門的な知識や高度な技術の上に、豊かな感性と深い洞察力を有する人材を育成します。

 

カリキュラムについて

1年生

基礎を学び、素材を知る

1年次では立体作品を制作するにあたって必要な基礎的な造形力、立体を見る目を養います。デッサンを学ぶことで物を立体的に捉える見方を学び、また、塑像制作を通して、立体における造形力を養います。

 

 

2年生

素材を体感し、カタチを考える

前期では4つの素材について構成と創造性を体得し、特性を活かした表現方法を学びます。後期では、塑造による全身像の制作にも挑戦し、更なる造形力を身につけます。

いろいろな表現方法を知ることによって、自らが表現したいもの、自らに適した素材を探ります。 

 

 

3年生

知識・技術を深める

5つの素材の中から拠点となるアトリエを決定し、制作を始めます。

素材についての専門技術を学びながら、独自の表現方法を見つけていきます。

 

4年生

大学生活の集大成

3年次に学んだ素材や技術をもとに、より自己のイメージに近づけることを目的に、造形の可能性を探求していきます。

4年間の成果として集大成となる卒業制作を制作します。作品発表を通して作品と社会の関わりについて考え、作家としての自覚、自己の確立を目指します。

大学院生

技術の応用、表現の展開

様々な素材の知識を応用させ、従来の彫刻という枠にとらわれない創造的な造形表現を目指していきます。自己の内面を探り、表現の質を高め、新しい技法を研究し、また、社会の中でどのように発信してゆくかを考えます。

そして理論と技術の幅広い知識と普遍的な認識を持った高度な専門家・作家の育成を図ります。